包茎のデメリット

包茎のデメリットとは?

包茎自体のデメリットもございますが、種類によってもデメリットは異なってきます。きっと日常生活の中で当てはまっているものもあるかと思います。もう一度包茎について考えてみましょう。

仮性包茎のデメリット

亀頭が包皮に覆われているとジメジメした状態をつくり、その部分が雑菌の温床となって性病や独特な悪臭の原因になってしまいます。
特にむいた状態の先端部分の皮は非常に弱い部分でジメジメしていると包皮が弱り傷が入りやすくそこから雑菌が入って包皮炎や亀頭炎などを起こしやすくなります。それが雑菌ではなく性病の菌やウイルスであれば性病に感染する訳です。事実、性病で来院される患者さんのほとんどが包茎の人です。
また、性行為に関しても早漏や逆に不感症の原因になったり、女性に対しては皮が動いてしまって有効な刺激を与えられなかったりもします。
もちろん誰が見ても見た目は良くありません。

嵌頓(カントン)包茎のデメリット

上の仮性包茎の欄で挙げた事はもちろんですが、嵌頓(カントン)包茎は通常の性行為に影響(包皮が切れてしまったり、痛みがあったり、腫れあがってしまったり)が出てきたりもします。
ひどい場合は、むけたまま勃起してしまって、元に戻らず亀頭の下がド-ナッツ状に腫れてしまう事もあります。

真性包茎のデメリット

一番重度のタイプなので上記の事はもちろん、排尿や勃起などにも支障がでてしまうケ-スもあります。
亀頭を露出する事が出来ない為、衛生面が非常に悪く、中で炎症を起こして亀頭と包皮が癒着する場合もあります。

当院の包茎治療は中央クリニックが学会で発表し
多くのクリニックの手本となっている「亀頭直下埋没法」です

当院では他院包茎手術後の傷跡修正術も行なっておりますが、せっかくの治療で傷跡が目立っていたりツートンカラーになるような治療で悩んでいる方も非常に多いのが現状です。このようなことにならないよう当院では、中央クリニックが美容外科学会にて発表し、高い評価を得た「亀頭直下埋没法」で治療を行なっております。

無料カウンセリング実施中!! 悩む前にまずは相談!お問い合わせは携帯・PHSからもご利用可能なフリーコール 0120-013-609まで
  • メール相談
  • メール予約
担当医師紹介
ドクター写真 ドクター 岡山大学医学部卒業
日本外科学会専門医
ドクター写真 ドクター 防衛医科大学卒業
日本形成外科学会専門医
ドクター写真 ドクター 帝京大学医学部卒業
日本美容外科学会会員
ご相談は無料です。まずはお電話またはメールにて、お気軽にご相談下さい。 相談・予約受付はフリーコール 0120-013-609 受付時間は年中無休で9:30から20:00まで。
  • 無料メール相談
  • 無料メール予約